スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子操作で精巣がんの過程再現

遺伝子操作で精巣がんの過程再現

 精子のもとになる幹細胞に特定の遺伝子操作を加えると、精巣内で悪性のがん細胞に変化することを、京都大の篠原隆司教授のチームがマウス実験で突き止めた。 >>続きを読む

 将来、ガンは治る病気になるのか・・・

化学・バイオつくば賞、NECの4人と産総研の5人に

化学・バイオつくば賞:NECの4人と産総研の5人に

 「化学・バイオつくば財団」(茨城県つくば市)は、09年の「化学・バイオつくば賞」に、軽量で折り曲げられる充電式電池「有機ラジカル電池」を開発したNECの研究者4人と、石油などの蒸留に必要なエネルギーを従来の4割に削減する方法を開発した産業技術総合研究所(つくば市)の研究者ら5人を選んだ。>>続きを読む

 NECナノエレクトロニクス研究所の中原謙太郎さん(34)らは、毒性のある重金属を使わず、従来のリチウムイオン電池の3割弱の重さで同じ出力が出せる電池を開発したという。

皆既日食の時間帯紹介

皆既日食の時間帯紹介…長崎県天文協会がガイド作成

 NPO法人・長崎県天文協会(事務局・佐世保市)は、7月22日の午前中に国内で46年ぶりに見られる皆既日食に向けて、県内各地で観察できる時間などを記したガイドを作成した。>>続きを読む

 協会では、多くの県民に観察してもらおうと、ガイドを作成した。ガイドには、長崎市や佐世保市など県内11市ごとに、欠ける面積が最も広い時間帯を表記。太陽を直接見ると目を痛めるため、専用の日食メガネの利用など、観察時の注意点も記しているらしい。

益川教授「学生と会話増えた」 志願者急増の京産大で祝賀会

 ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英京都産業大教授(68)の大学主催の祝賀会が25日、京都市内で開かれ、益川教授はこの3カ月について「忙しかったが、キャンパスで声を掛けてくる学生と会話する機会が増えた」と笑顔で語った。

 妻明子さん(65)は授賞式について「初めての海外旅行だった。スケジュールが込んでいたのでもう一度」と笑いを誘った。

 京産大によると、今月末からの一般入試で理学部志願者が“益川効果”で昨年に比べて3割以上増加。4月には学内に研究者の育成拠点「益川塾」を設立し、益川教授は「終身教授」として指導に当たるという。

 益川教授は祝賀会で若者へ向け「自分のキャンバスにあこがれや希望を描き、時には書き直しながら完成させてほしい」とメッセージを送った。

01/25 20:40、01/25 21:14更新 北海道新聞

益川教授「学生と会話増えた」 志願者急増の京産大で祝賀会

私もこの先生と話ができたらなぁ~

世界初、たんぱく質「セプチン」の機能を名大助教らが解明

 生物の細胞質分裂や精子の形成などにかかわるとされるたんぱく質「セプチン」に様々な細胞の形を制御する機能があることを、名古屋大学の滝口金吾助教らのグループが世界で初めて突きとめ、米科学誌「カレント・バイオロジー」電子版に発表した。

 セプチンは脳や精巣などに幅広く存在し、その異常がパーキンソン病や男性不妊症などに関係していることはわかっていた。

 滝口助教らが、リン脂質でできたリポソームという人工の生体膜にセプチンを加えたところ、リポソームから多数の突起が伸び、さらにセプチンが突起部分の周囲を巻くようにして糸状の線維を形成した。こうした形状は、動物の神経細胞などに見られることから、セプチンの機能が判明した。

 滝口助教は「セプチンの異常による疾患の発症原因や治療方法の究明につながる」と話している。

(2009年1月23日21時50分  読売新聞)

世界初、たんぱく質「セプチン」の機能を名大助教らが解明

ちょっと前のニュースで、「生きた細胞で5ミリの人型」というのがありましたが、そこのチームと協力すればさらにいろいろなことがわかりそうですねぇ。

プロフィール

zunboriwin

Author:zunboriwin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんだけ来たよ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。